ありのごとくあつまりてFC2ブログカスタマイズ,共有テンプレート,素材リンク集,フリーソフトの紹介など。 迷子にならないブログ作りを目指し... 何か1つでも お役に立てる情報 を提供できたらいいなぁと思っています。

このページの記事目次 (タグ: ソース表示 の検索結果 2 件)

  

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

はてなブックマーク  Google Bookmarks Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Facebook Twitter
お役に立ちましたら、応援して頂けると嬉しいです(*´`*)
記事を読んで頂きありがとうございます。 FC2ブログランキング

URL http://arinogotokuatumarite.blog19.fc2.com/blog-entry-.html

--/--/-- ~ | Comment (-) tweet? | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Sleipnirでも、選択部分のソース表示はFirefox

2009/05/09 (土)  カテゴリー: Twitter・ブラウザ関連

選択部分のソースを表示する機能 (Firefox,Sleipnir2 などにある機能)。 ちょっとした確認にも便利ですが、アクセスランキング など、スクリプトで貼り付けているものをこれで表示すると、(通常のページ全体の 「ソース表示」 では スクリプトのコードのまま表示されるものが) 生成されたHTMLソース で確認することが出来るし、何かと便利です。

メインブラウザには 『Sleipnir(スレイプニル)』 を使っている私ですが、「選択部分のソースを表示」 に関して言えば、Sleipnir は設定も大変だった上、実際のソース通りに表示してくれない という欠点があります。

A. 通常のページ全体の 「ソース表示」 の場合
ページ全体のソース表示
クリックで画像を拡大します


B. Sleipnir での 「選択部分のソースを表示」 の場合
Sleipnir 選択部分のソースを表示
クリックで画像を拡大します


タグの要素 が大文字に書き換えられていたり、細かく改行が加えられていたり...。 そのまま貼り付けて利用するには 「どうしても正確に表示したい!」 と思うようになりました。

で、『Firefox』 の 「選択した部分のソースを表示」 の出番。 こちらは、構造まで正確に表示してくれる優れものですね! (それに Firebug も便利!)

C. Firefox での 「選択した部分のソースを表示」 の場合
Firefox 選択した部分のソースを表示
クリックで画像を拡大します
 (画像は画面を合成したものです)

という訳で、Sleipnir を使いつつ、Firefox も併用していく為の ちょっと便利な方法。 解説しているサイトを見つけたので... 忘れないように残しておきます。

スポンサーサイト

キーワード検索 : Sleipnir  ソース表示  ブラウザ  エディタ  

スポンサーリンク

はてなブックマーク  Google Bookmarks Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Facebook Twitter
お役に立ちましたら、応援して頂けると嬉しいです(*´`*)
記事を読んで頂きありがとうございます。 FC2ブログランキング

URL http://arinogotokuatumarite.blog19.fc2.com/blog-entry-72.html

2009/05/09 ~ | Comment (0) tweet? | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Vistaで Sleipnirソース表示を K2Editorに

2009/02/02 (月)  カテゴリー: Twitter・ブラウザ関連

ブラウザのソース表示は お気に入りのエディタ (『K2Editor』) でというのが当たり前だと思っていた私。
ところが、Vista で Sleipnir2.8.4 の 「ソースの表示」 や 「選択範囲のソースを表示」 を任意のエディタ に変更するのは結構大変な作業でした。

ちなみに Vistaでも IE7 や 『unDonut』 のソース表示,選択部分のソース表示 ならば、『IE Trapper』 を使って()簡単に変更できるのに...。

Sleipnir の場合、ちょっとしたレジストリの変更だけでは、HTMLモードで読み込んでくれなかったり、「選択部分のソースを表示」 でエラーになってしまったり、本当に苦労しました。

でも、必死で調べて 何とか 「ソースの表示」 「選択範囲のソースを表示」 を 『K2Editor』 で、かつ HTMLモードの色分け で表示できるようになったので、私の行った方法をここにメモしておくことにします。

Sleipnir オンラインデータベース の内容とは若干異なります。 色々な情報を総合して自己流に行いました。 レジストリを弄りますので、慎重に...自己責任でお願いします。

Vista で Sleipnir の「ソースの表示」 「選択範囲のソースを表示」 を 任意のエディタ に変更する方法

エディタは 『K2Editor』 を使っていますが 『TeraPad』 など他のエディタでも同じ方法でOKかと思います。

キーワード検索 : ブラウザ  ソース表示  エディタ  

スポンサーリンク

はてなブックマーク  Google Bookmarks Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Facebook Twitter
お役に立ちましたら、応援して頂けると嬉しいです(*´`*)
記事を読んで頂きありがとうございます。 FC2ブログランキング

URL http://arinogotokuatumarite.blog19.fc2.com/blog-entry-60.html

2009/02/02 ~ | Comment (2) tweet? | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右上の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。